母子家庭 賃貸 審査

LINEで送る

スポンサーリンク



住む場所がなかなか見つからない母子家庭の住宅問題とは?

今や3組に1組の夫婦が離婚する時代です。離婚が原因で母子家庭も増えていますが、母子家庭を取り巻く環境は大変厳しいものがあり、収入が少ないこと、子どもの教育、就労など様々な問題を抱えている母子家庭が多いのが現状です。

 

母子家庭が抱える問題のひとつに、住宅問題もあります。ここでは母子家庭の住宅問題についてまとめてみました。

(1)住む場所が見つからない。

離婚などが原因で母子家庭になった場合、どこに住むかは大きな問題となります。離婚時の財産分与でこれまで住んでいた家を譲り受けたり、帰れる実家があったり、運よく家賃が安い公営住宅へ入居できればいいのですが、なかには民間のアパートなどの賃貸住宅を探さなくてはならないケースもあります。

 

しかし、母子家庭でも入居できる賃貸住宅は思っている以上に少なく、住む場所がなかなか見つからないという母子家庭も少なくありません。

(2)賃貸住宅の場合は審査が厳しい。

母子家庭の母子の住む場所がなかなか見つからないという理由のひとつに、賃貸住宅の入居審査があります。賃貸住宅の入居審査とは、賃貸住宅の貸主が借主予定者に対して、きちんと家賃を払ってくれるかどうかを審査することをいいます。この入居審査にパスできなければ、賃貸住宅を借りることはできません。

 

入居審査では、職業や勤務形態、勤続年数や収入などが審査されるため、小さな子どもを抱えてパートなどで働く母子家庭の母親にとって、賃貸住宅の入居居審査は厳しいものとなります。

(3)審査をパスするためには?

母子家庭でも、母親がきちんと働いており定期的に収入があれば、審査はパスできます。また、保証人にも経済力のある方になってもらう必要があります。

 

母子家庭の場合は自分の両親に保証人を頼む方が多いのですが、両親が会社を定年退職し、年金で暮らしているような場合は、審査にパスできないかも知れません。

 

こういった場合は、経済力のあるきょうだいや親族に保証人をお願いした方が審査にパスできるでしょう。

スポンサーリンク



LINEで送る