母子家庭 学習支援

LINEで送る

スポンサーリンク



母子家庭への学習支援について

母子家庭は一般の家庭より、生活に困窮している家庭が多く、生活保護を受給している母子家庭も少なくありません。母子家庭に生活困窮者が多いのは、母子家庭の母親が正規の社員として就労できていないために、収入が少なくなってしまいっていることに原因があります。

 

正社員で働くことを希望しても、母子家庭の母親を受け入れてくれる企業は多くはないのが現状です。

 

母子家庭の生活の安定や経済的な自立を推進するために、様々な助成金制度や支援がありますが、今回は母子家庭への学習支援についてまとめてみました。

(1)学習支援の目的は?

母子家庭などの子どもたちの多くには次のような点が懸念されます。

 

  • 精神面や経済面で不安定な状況におかれるているケースが多い。
  • 学習や進学の意欲が低下したり充分な教育が受けられない。
  • 子どもたちの将来に不利益な影響を与えかねない。

 

このため、大学生などのボランティアの協力のもと、母子家庭の子どもたちの学習を支援することで学力の向上を図り、将来への進路に対する不安を緩和する目的で行われている支援が学習支援なのです。

(2)学習支援の形式は?

学習支援の形式は、大きく以下の2つです。

 

個別指導形式

家庭教師として大学生などのボランティアを学習支援を希望する家庭へ派遣し、個別に指導を行う。
1週間に1〜2回程度で時間は2時間程が多い。

 

学習塾形式
地域の公共施設の会議室などを利用し、大学生などのボランティアによる学習塾形式での学習支援を行う。

(3)学習支援は各自治体によって異なる?

学習支援は、各地方自治体が主体となり行っているところが多く、学習支援の内容も地域によって異なります。

 

母子家庭や父子家庭などの子どもたちが利用対象者になっており、利用料は無料のところがほとんどです。

 

学習支援に関する詳細を知りたい場合は、住んでいる地域の自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク



LINEで送る