母子家庭 大学 学費

LINEで送る

スポンサーリンク



母子家庭の子どもたちの悩み〜大学進学について〜

母子家庭のため経済的に余裕がなく、大学進学を諦めてしまう子どもや、大学進学について悩む、母子家庭の子どもたちは少なくありません。

 

ここでは、母子家庭の子どもたちの大きな悩みのひとつにもなっている大学進学についてまとめてみました。

(1)成績がよくても大学へ行けない理由

今や2人に1人が大学へ進学する時代です。しかし、母子家庭の子どもたちは成績がよくても大学進学を断念してしまうケースがみられます。それは、

 

経済的な事情からです。

 

母子家庭の平均年収は、一般家庭の年収の約半分ほどしかありません。

 

大学へ進学すれば、入学金授業料などの学費がかかる上、自宅から通えない場合は下宿しなくてはならず、大学を卒業するまでにはかなりの費用が必要になるのです。

 

このため、母子家庭の子どもたちは大学進学を希望しながら、経済的なことを理由に大学進学を断念せざるを得なくなってしまうのです。

(2)卒業までにかかる費用は?

大学を卒業するまでにかかる学費はどのくらいなのでしょうか?

 

4年制国立大学の場合だと約250万円

4年制私立大学の文系で約400万円、理系で550万円

 

これが卒業するまでの平均的な学費になります。(大学や学部によって学費はかなり異なります。)

 

また、下宿したり1人暮らしをしたりする場合は、家賃や食費なども学費とは別にかかることになるので、大学卒業までにかかる費用はさらに嵩むことになります。

(3)学費免除や減額の制度

母子家庭の母親の平均的な年収は223万円程です。

 

母親の収入だけでは、子どもを大学に通わせることできません。

 

しかし、母子家庭などで経済的に余裕がなく学費の納入が困難であり、かつ学業優秀と認められれば、学費が免除されたり一部減額になる制度があります。この制度を利用すれば、例え母子家庭で収入が低くても、大学に進学することは可能になりますね。

 

スポンサーリンク



LINEで送る