母子家庭 住宅補助

LINEで送る

スポンサーリンク



母子家庭が受けられる様々な補助制度について

生活に困窮している世帯が多いとされている母子家庭ですが、母子家庭の生活の安定や経済的な自立の推進を目的とした様々な手当や補助制度があります。

 

今回は、母子家庭が受けられる様々な補助制度についてまとめてみました。

(1)知らないと損する補助制度

母子家庭などのひとり親世帯を対象とした様々な公的補助の制度がありますが、公的な補助制度は地域ごとに行われており、地域によってもその内容が異なります。

 

補助制度は申請しなければ受けることはできません。

 

自分が住んでいる地域には、どのような補助制度があるのか知っていないと損をしてしまうことだってあるのです。情報収集を行い、利用できる補助制度はフルに活用するようにしましょう。

(2)住宅補助制度

母子家庭が県営住宅や市営住宅など公営の住宅に入居すると、

収入に応じて家賃の補助があります。

 

公営住宅は、母子家庭以外の世帯も入居できて家賃が安いのが魅力で、多数の応募があり、入居が困難な場合もありますが、母子家庭は公営住宅に優先的に入居できるシステムを利用できます。

(3)医療費補助制度

医療費補助制度というのは、

 

母子家庭の子どもと母親を対象とした医療費を補助する制度です。

 

母子家庭の子ども18歳に達した日以後の最初の3月31日までの利用できる制度です。
地域によっては、医療費の全てが無料となるところもあります。

(4)交通費補助

母子家庭の子どもの通学や母親の通勤にかかるバスや電車などの交通費を補助する制度があります。

 

ある地域では定期券を購入するとその費用の3割が補助される制度になっています。

 

 

このように、母子家庭が受けられる補助制度は様々なものがあります。
これは地域によって異なりますが、いずれにしても申請しないと受け取れませんのでもれのないように手続きをしましょう。

スポンサーリンク



LINEで送る