母子家庭の住宅購入

LINEで送る

スポンサーリンク



離婚などで母子家庭となった場合、どこに住むかが大きな問題になります。

 

これまで住んでいた家に子どもと一緒に住み続けることができたり、母親の実家に戻って住むことができればいいのですが、こういったケースばかりではありません。

 

公営住宅も家賃が安いのが魅力ですが、人気があるため、地域によっては抽選になることも多く、必ずしも入居できるという保証はありません。

 

このような中で、母子家庭の母親の中には、住宅の購入を考える方もいます。ここでは、母子家庭の住宅購入についてまとめてみました。

(1)住宅購入を考える理由や目的は?

母子家庭の母親なら誰でも自分と子どもたちが安心して暮らせる家が欲しいと思うものです。

 

公営住宅やアパートは家賃を毎月払い続けても、自分たちの財産になることはありません。それなら思い切ってローンを組んで住宅を購入してしまった方が、子どもに残せる財産にもなるし、老後の生活も安心です。

(2)住宅購入のメリットとデメリット

母子家庭の母親にとって住宅購入の最大のメリットは、自分や子どもたちが安心して住める家、帰ってこられる場所ができたという、精神的な満足感と安心感が得られることにあるのではないでしょうか。

 

一方で、住宅購入のデメリットは、ローンを完済するまできちんと払えるかという不安やプレッシャーが続くということでしょう。

(3)お金を使う優先順位

母子家庭だから住宅購入はできないということはありません。

 

ローンが組めるよう頑張って働けば、母子家庭だって住宅購入は十分可能です。しかし、母子家庭の母親たちの住宅購入に対する考え方は様々です。

 

 

例えば、

子どもの教育にお金をかけたいと思う母親もいます。

 

義務教育が終わった後、高校や大学へ進学するとなると、これまで以上にお金がかかります。

 

家のローンを払いながら高い学費を払うことは容易なことではありません。ですから住宅購入にお金を使うより、子どもの教育にお金を使おうと考える母子家庭の母親も少なくありません。

 

 

このように、同じ母子家庭においてもお金をかける「優先順位」により、住宅購入に対する考え方も異なるのです。

スポンサーリンク



LINEで送る