母子家庭 民生委員

LINEで送る

スポンサーリンク



母子家庭と民生委員の関係について

母子家庭になり、児童扶養手当や様々な助成金制度などを受ける際、民生委員が対象となる母子家庭を調査することがあります。

 

ここでは、母子家庭と民生委員の関係についてまとめてみました。

(1)民生委員とは?

民生委員とは、民生委員法に規定されている市町村の区域に配置されている民間の奉仕者のことをいいます。

 

当該市町村の議会の議員の選挙権を有する者、人格識見高く、広く社会の実情に通じ、且つ、社会福祉の増進に熱意のある者の中から都道府県知事又は政令指定都市若しくは中核市の長が推薦し、厚生労働大臣が委嘱することによって決定されます。

 

私の地域では、自治会の会長さんをされた方などが民生委員になっています。
民生委員の任期は3年で、原則無給ですが交通費などの実費は支給されます。

(2)母子家庭への調査とは?

母子家庭になって、はじめて児童扶養手当などを受給する際や、母子家庭を対象とした様々な助成金制度などを受ける際、住んでいる地域の民生委員が自治体から依頼を受けて対象となる母子家庭を調査することがあります。

 

直接、民生委員が母子家庭を訪問したり、或いは母子家庭の母親が民生委員宅を訪問して、書類の確認や簡単な質問を受ける形での調査が行われます。

 

なぜ民生委員による母子家庭への調査が行われるかというと、手当や助成金をときどき不正受給している方がいるためこの不正受給を防止する目的で行われます。

(3)民生委員との良好な関係を

民生委員は、担当区域の母子家庭や高齢者、障害者のいる世帯などの状況把握し、それぞれのニーズに応じた福祉やサービスなどの情報提供を行い、生活のことや子育てなどの不安に関する様々な相談、支援を実施するのが主な仕事となっています。

 

例えば、母子家庭の母親たちが生活上で困ったことがあったとき、民生委員に相談すれば、必要な助言をしてくれます。区域の民生委員を把握しておき、良好な関係を作っておけば、何かあったときには民生員の方に頼ることもできますね。

スポンサーリンク



LINEで送る