母子家庭 ダブルワーク

LINEで送る

スポンサーリンク



母子家庭とダブルワークについて

みなさんは、ダブルワークという言葉を聞いたことがありますか?

 

ダブルワークとは仕事の掛けもち(副業)をすることです。

 

例えば、母子家庭のお母さんが朝9時から夕方4時までパートの仕事をします。

 

一旦、家に帰って、子どもたちのために夕食を作ったり、お風呂に入れたりして子どもたちが寝た後、夜10時から深夜1時まで近所のコンビニでアルバイトをします。

 

このように、2つの仕事を掛け持ちでしていることをダブルワークといい、母子家庭のお母さんたちによくみられます。
ここでは、母子家庭とダブルワークについてまとめてみました。

(1)ダブルワークが増えている?

アベノミクス効果が騒がれていましたが、アベノミクス効果の恩恵を受けているのは、まだまだ一部の人たちに限られています。

 

長引く不況で給料が上がらないことや、消費税が8%、10%と段階的に上がることを受け、母子家庭に限らずダブルワークをする人が増加しています。

(2)母子家庭の母親がダブルワークする理由は?

母子家庭のお母さんたちがダブルワークをする最大の理由は、「収入を増やし、少しでも生活を安定させたいから」です。。
母子家庭のお母さんの多くは、子どもを養育する関係上からパートやアルバイトの非正規社員として働いています。

 

非正規社員では、給料も安く、ボーナスも支給されません。

 

そのため、ダブルワークをして、少しでも収入を増やそうとするわけなのです。

(3)ダブルワークのメリットとデメリットは?

母子家庭のお母さん達がダブルワークをする上での一番のメリットは、当然のことですが収入が増えることです。収入が増えれば、生活も安定し子どもたちに好きな食べものを作ったり、欲しいものを買ってあげることもできますからね。

 

一方で、ダブルワークのデメリットは、時間や労力を奪われてしまうことでしょう。
母子家庭のお母さんの場合は、子どもたちと過ごす時間を奪われてしまうことになりますね。

 

また、不規則な生活や寝不足が続くと体調を崩す原因にもなってしまいます

 

母子家庭のお母さんがダブルワークをする場合は、メリットとデメリットを考慮して無理のない範囲で行わなくてはいけませんね。

スポンサーリンク



LINEで送る