シングルマザー 助成金

LINEで送る

スポンサーリンク



シングルマザーにとって大いに助かる助成金制度や補助金制度

離婚や死別などの理由で、シングルマザーとなる人は増加しており、全国には120万人以上のシングルマザーがいます。

 

シングルマザーは生活していくために懸命に働き、女手ひとつで子どもを育てていかなくてはなりません。

 

シングルマザーを取り巻く環境は非常に厳しいのが現実ですが、シングルマザーを支援するための様々な助成金や補助金制度があります。

 

ここでは、シングルマザーにとって大いに助かる助成金制度や補助金制度についてまとめてみました。

(1)児童扶養手当

児童扶養手当

 

児童扶養手当とは、
両親が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない人、つまり、ひとり親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当です。

 

養育している児童が18歳に達した最初の年の3月まで支給されます。手当の金額は所得に応じて決められ、満額は41,430円となっています。(平成25年12月現在)

(2)ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度とは、
18歳未満の子どもを養育している母子家庭などひとり親世帯が対象で、所得制限はありますが保険内診療の一部、または全額(助成内容は自治体によって異なります。)を助成してくれる制度です。

 

この医療費助成制度は、子どもだけでなくシングルマザーも対象になります。

(3)母子家庭等自立支援教育訓練給付金

母子家庭等自立支援教育訓練給付金

 

母子家庭等自立支援教育訓練給付金とは、
シングルマザーが就職のために資格を取ったり、キャリアアップを目指すなど職業の向上を図るための制度です。

 

対象となる資格は、情報関係、事務関係、サービス関係、医療・福祉関係と多岐にわたります。

 

この制度を利用するためには事前に申請しなければなりませんが、教育訓練のために支払った費用の20%程度の補助金を支給してくれます。

 

 

このように、シングルマザーを支援する様々な助成金や補助金制度があるので、積極的に活用するようにしたいものですね。

スポンサーリンク



LINEで送る