シングルマザーの増加の理由

LINEで送る

スポンサーリンク



シングルマザーという生き方を選択する女性が増加している理由について

最近よく、耳にする「シングルマザー」とは、離婚などが原因となり、ひとりで子どもを育てる母親のことをいう言葉です。

 

父親のいない家庭の子どもは、不幸で可哀そうという固定観念や偏見はまだまだ根強く、シングルマザーという生き方には、多くの試練や困難が伴うのも現実ですが、こういった厳しい現実にもかかわらずシングルマザーという生き方を選択する女性は年々増加しており、日本には120万人を超えるシングルマザーがいます。

 

ここでは、シングルマザーという生き方を選択する女性が増加している理由についてまとめてみました。

シングルマザーが増加している理由その1 〜離婚の増加〜

離婚の増加

日本は離婚大国といわれているように、離婚が多い国で、今や3組の夫婦に1組の夫婦が離婚しており、それに伴いシングルマザーも増加していると考えられます。

 

一昔前なら、結婚した相手とは一生添い遂げるもの、という考え方が定着していましたが、近年は結婚しても相手に満足できないときには離婚すればよいという考える方が定着しています。

 

こういった離婚に対する考え方や意識の変化も離婚が増加している原因になっています。

 

日本は離婚大国

シングルマザーが増加している理由その2 〜経済的に自立する女性が増えた〜

経済的に自立する女性が増えた

近年女性の社会進出は著しく、結婚、出産をしても退職しないで仕事を続ける女性が増えました

 

なかには管理職で年収1000万円を稼ぐ女性もいます。夫より、妻の方が年収が多いという夫婦も珍しくありません。

 

男性に頼らずとも女性ひとりで子どもを育て生活していくことができる収入があれば、シングルマザーという生き方を選択するのに躊躇いはないのかも知れません。経済的に自立する女性が増えていることが、シングルマザーが増加している理由と考えられます。

 

経済的自立ができる女性が増えた

シングルマザーが増加している理由その2 〜手厚い支援制度〜

手厚い支援制度

シングルマザーが増加している理由として、行政の手厚いシングルマザーへの支援制度も考えられます。

 

所得に応じて毎月手当が支給される「児童扶養手当」をはじめ、子どもとその母親の医療費を助成してくれる「ひとり親家庭医療費助成制度」など様々な支援制度がシングルマザーの生活をサポートしてくれています。

 

シングルマザーに対する支援制度の充実

スポンサーリンク



LINEで送る