シングルマザーと大学進学

LINEで送る

スポンサーリンク



シングルマザーだって子どもを大学へ進学させられるのです

高校生が大学へ進学する割合は年々高くなっており、今では2人に1人が大学へ進学する時代です。

 

少し前までは、大学進学といえば高学歴とのイメージがありましたが、今や大学進学は当たり前となっています。

 

義務教育は中学までですが、高校は無償化制度の導入で授業料が無料です。しかし、大学はこういった制度はなく大学へ進学するとなればそれなりの費用がかかります。

 

比較的、学費などが安いといわれている国立大学へ進学した場合でも卒業するまでの4年間に500万円以上かかります。私立大学へ進学するとなると更に費用は高くなり、私立大学の理系だと卒業までに800万円近い費用がかかることになるのです。

 

また、これらの費用は自宅から通学した場合で、仮に下宿したりひとり暮らしをするとなると、生活費も別途かかることになり、費用は更に膨らみます。

シングルマザーで子供を大学に進学させるには

子どもを女手ひとつで育てるシングルマザーにとって、子どもの大学進学は大きな問題になっています。

 

シングルマザーの平均就労年収は180万円程にしかなりません。シングルマザーでも頑張って働き、子どもを高校までは何とか卒業させてあげることができても、大学まで行かせてあげるのは厳しいのが現実です。

 

しかし、子どもを大学へ進学させたシングルマザーはたくさんいます。

 

 

国立大学は、母子家庭など経済的な理由によって授業料の納付が困難で、かつ、学業優秀と認められる者等にその納付を免除する制度があります。

 

私立大学にも奨学金制度や特待生制度を設けているところがあります。

 

 

こういった制度を利用することで、シングルマザーの経済的負担を軽減し、子どもを大学へ進学させることが可能となります。

 

シングルマザーだから子どもを大学へ進学させられない、母子家庭で生活が苦しいから子どもには大学進学を諦めてもらうしかない、こういった考えは改めるべきだと思います。

スポンサーリンク



LINEで送る