シングルマザーの健康保険

LINEで送る

スポンサーリンク



シングルマザーと国民健康保険について

国民健康保険は生活を守るための保険制度の1つで、病気やケガでの出費に対して自己負担が軽減される制度のことをいいます。

 

シングルマザーにも、国民健康保険に加入されている方はたくさんいます。しかし国民健康保険料は安いものではありません。

 

生活が苦しいシングルマザーにとって、毎月高い国民保険料を納めるのは大変なことですよね。ここでは、シングルマザーと国民健康保険についてまとめてみました。

(1)国民健康保険料はいくら?

国民健康保険に加入するシングルマザーにとって、毎月支払わなくてはならない保険料の金額は気になるものです。

 

国民保険料は住んでいる地域の自治体によって異なります。高齢者が多かったり、病院に通う人が多い地域は保険料が高くなります

 

また、シングルマザーの収入や育てる子どもの数によっても保険料が変わってきます。

 

収入が少ないシングルマザーなら2000円〜3000円で収入が増えれば2万円〜3万円の保険料を徴収されることもあります。

(2)国民健康保険料が払えないときは必ず相談を。

シングルマザーにとって、高い国民健康保険料を毎月支払っていくのは容易なことではありません。

 

国民健康保険料が家計を圧迫しているという話はよく聞きます。こんなときは、住んでいる地域の自治体に必ず相談をしましょう。

 

国民健康保険料を「払いたくても払えない」というシングルマザーのために、保険料の軽減や減免措置が受けられる場合があるのです。

(3)国民健康保険料を払わないでいるとどうなる?

国民健康保険料の未納問題は、大きな社会問題になっています。

 

国民健康保険はシングルマザーや子どもを社会的保障により守ってくれるものです。保険料を理由なく支払わないでいると厳しい行政処分が下されます。

 

医療費が全額自己負担になってしまい、ケガや病気をしたときに病院にかかることができなくなってしまう場合もあるのです。

 

更に「財産の差し押さえ」処分を受け、預金口座の凍結勤務先の給与が差押えられたりしてしまうことになってしまうのです。

スポンサーリンク



LINEで送る