母子家庭 助成金 母子家庭等医療費助成金制度 住宅助成金制度

LINEで送る

スポンサーリンク



これを知らないと損!母子家庭を支援する助成金の制度について

母子家庭世帯の平均年収は約290万円です。これは全国の全世帯年収約580万円を大きく下回っており、母子家庭の貧困が社会的な問題になっています。

 

母子家庭の生活の安定と経済的な自立を目的とした様々な手当や助成金がありますが、ここでは母子家庭を支援する助成金の制度についてまとめてみました。

(1)母子家庭等医療費助成金制度

母子家庭等医療費助成金制度は、母子家庭などに対して、その医療を受けるのに必要な費用の一部を助成することにより、母子家庭等の福祉の増進に寄与することを目的とした制度です。

 

各自治体によって詳細は異なる場合がありますが、基本はどこも同じになります。

 


子供が18歳になった最後の3月31日まで助成制度は適用されます。

 

例えば、母子家庭の母親が体調を崩して病院にかかったとします。

 

診察費や薬代を合わせると、3800円程かかっても、母子家庭等医療費助成金制度を使えば、自己負担の金額は600円までなのです。

(2)母子家庭のための住宅助成金制度

住宅助成金制度とは20歳未満の児童を養育している母子家庭の世帯主で、月額1万円を超える家賃を払っている方などを対象に助成金を支給する制度のことです。

 

この住宅助成金制度は各自治体で異なるため、住所地の市町村役所などへ確認が必要です。

(3)保育所や放課後クラブなどの助成金制度

母子家庭の子どもが保育園や放課後クラブなどに通っている場合、その費用を助成してくれる制度があります。この助成金制度も、各市町村により異なるため、確認が必要です。

 

 

このように、母子家庭に対する様々な助成金制度がありますが、内容や助成金の金額などについて知らない方が多く、利用されていない制度も多くあります。

 

母子家庭のお母さんたちは働いて家計を維持し、子どもを育てることでいっぱいいっぱいの状態で、情報収集する余裕もないのでしょう。
しかし助成金制度の存在だけでも知っていれば、生活に大いに役立つので積極的に情報収集をして欲しいと思います。

スポンサーリンク



LINEで送る